オープンソース

オープンソースプログラムは、さまざまな社会文化的テーマのディスカッションプラットフォームであり、2013年6月29日土曜日に始まった、世界中のさまざまな文化、サブカルチャー、トレンド、特に先住民族における毎週1つのテーマ/ケースです。 5人の知識豊富な長老/情報源が集まり、ブレインストーミング、話し合い、調査を行い、会議の議事録を取り、議事録を記録します。議事録は転記、翻訳され、さらなる調査のためのギャップが指摘されています。その後、それらは本、小冊子、および記事の形式で公開されます。

このプログラムの大きな目的は、更新可能であり、レビュー中の文化/サブカルチャー/トレンドに関して現代の学問のあらゆる側面に確実に情報を提供できる普遍的な社会文化的コーパスを生成することです。

議事録からの本、小冊子、記事の出版に加えて、オープンソースプログラムはまた、財団が管理する先住民の文化と傾向の百科事典を豊かにすることに大きく貢献しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です