会議

財団は、物理的および電子的の両方で、学際的な会議/セミナー/ワークショップおよびディスカッションを開催します(電子セミナー/電子会議)。ケニアの会議/セミナー/ワークショップとディスカッションは2012年に始まり、印象的なプレゼンテーションと参加を受けて成功を収めています。カレンジンの最初の植民地時代以前の歴史:方法論的アプローチは、2012年5月30日水曜日に、モイ大学の歴史、政治学および行政学部の支援を受けて、ウアシンギシュー郡のエルドレットクラブで開催されました。フォード財団から。

B E Kipkorirの作品に関する第2回Aリフレクションは、ナイロビ大学の人類学・ジェンダー・アフリカ研究所(IAGAS)と共同で、2012年8月23日木曜日にナイロビ大学で開催されました。

ケニアでの第3回スポーツと地域開発:過去と現在の成功と課題、そして未来の保障措置は、2012年11月29日木曜日、エルギョマラクウェット郡のセントパトリック高校-イテンで学校と協力して開催されました。

ケニアでの口頭伝承(文学)と先住民言語研究の第4回新興トレンドは、2013年5月22日から25日まで水曜日から土曜日にA.I.C.で開催されました。エルギョマラクウェット郡のゲストハウス-トットは、東アフリカの大学の会員であるケニア口頭文学協会(KOLA)と協力しています。この協会は、ナイロビ大学文学部で主催されています。このセミナーは、平和と国民の対話を促進することを目的としたマラクウェトゥとポコットのコミュニティからの口頭公演があったという点でユニークでした。

5番目のフォーラムは、2013年6月27日木曜日の午前9時から、ナイロビの東アフリカの英国研究所で開催された、ケニアの氏族ベースのアイデンティティに関する公開討論でした。午後4時まで現地時間。それはケニアの異なる民族/言語所属からの討論者を集め、国を促進するために東アフリカのトーテム氏族の大要を作成することを目的として、トーテム氏族に関する東アフリカの人々の研究への氏族アプローチの研究につながります流行している民族ベースのアイデンティティステレオタイプに挑戦することによる統合と結束。

2013年11月28日木曜日、カソリック大学ランガタキャンパスのジュビリーオーディトリアムで、東アフリカカトリック大学研究部と共同で、ケニア、五大湖地域、アフリカの角で開催された第6回セミナー「紛争」が開催されました。午前9時から午後4時までの東アフリカの現地時間。

第7回セミナーPeacefulKenya’s 2017 Elections:The Imperative of Calming Ethnic Fault Linesは、2017年4月27日木曜日、ナイロビのYMCA-Centralで午前9時から午後4時までフリードリヒエーベルト財団と共同で開催されました。現地時間。

8番目のフォーラムは、2018年3月29日木曜日、ナイロビの東アフリカにある英国研究所で午後5時30分から開かれたオープンディスカッション「政治とケニアの未来」でした。現地時間。

9番目から12番目のフォーラムは、GoToWebinarを通じて提供されたウェビナーシリーズでした:2018年11月15日木曜日のアフリカの農業と食品安全保障、2018年11月29日木曜日のアフリカの密猟と野生生物保護、2018年12月13日木曜日の新時代のアフリカの世界のイメージ、および2018年12月27日木曜日のアフリカ連合アジェンダ2063に関する考察。フォーラムは15.00 GMTに開始し、17.00GMTに終了しました。

第13回フォーラムは、ケニアのセミナーでした。故クリス・ルコリト・ワンジャラ教授に敬意を表して、大学、ウェストポコット郡政府、ケニア文学者協会と協力して、カペングリアキャンパスのキシイ大学で開催された文学と文化のコロキウム(ALSOK)、2019年1月26日土曜日、午前9時から午後4時現地時間。

第14回学術研究と芸術作品の収益化会議は、2018年7月にウガンダのマケレレ大学で始まり、2020年2月27日木曜日にウガンダのカンパラにあるウガンダ殉教者大学で午後2時の間に終了した一連の非公式の議論でした。午後4時現地時間。

1990年から2020年までの第15回アフリカ文学テーマ別会議は、2019年12月19日木曜日の15.00GMTから17.00GMTまでオンラインで開催されました。

2020年4月25日土曜日の09.00GMTから11.00GMTまで、第16回会議Emerging Technological Solutions as VocationalSkillsがオンラインで開催されました。

第17回会議は、2020年5月16日土曜日、グリニッジ標準時13.00〜15.00に、リチャードマリイタ博士によるアフリカとCOVID-19:他の地域からの教訓に関する講演でした。

第18回会議は、2020年6月6日土曜日の14.00〜15.00 GMTに、Jemiama TschetterDassenによるCOVID-19との戦いにおけるコミュニティの支援に関する議論でした。

第19回(第19回)会議「テクノロジーと貧困緩和」は、2020年8月15日土曜日の13.00-15.00GMTにオンラインで開催されました。主な討論者は、Darren Li(Kipchumba Foundationの顧問)とJoseph Mutale(Mpikaワークショップのタンザニア-ザンビア鉄道[TAZARA])でした。

第20回(第20回)会議「気候変動と人間の安全保障」は、2020年10月29日木曜日13.00-15.00 GMTにオンラインで開催され、Leilehua Yuen(米国ハワイ州)が主な討論者として参加しました。

21回目の会議は、2021年3月13日土曜日の東アフリカ時間(07.00 – 08.00 GMT)にサウジアラビアのインパクト投資のためにEthmarが主催した「ケニアとサウジアラビア間の仮想国際訪問」でした。

第22回(第22回)会議「現代教育学における新興技術の役割」は、2022年4月21日木曜日の13.00-15.00 GMT、午後4時から6時に、Kipchumba Vocational Training Institute(KVTI)によってオンラインで開催されます。東アフリカ時間。

第23回(第23回)会議「グローバル教育政策改革に関する対話」は、2022年7月28日木曜日13.00-15.00 GMTにKipchumba Vocational Training Institute(KVTI)によってオンラインで開催されます。

第24回(第24回)会議「若者を成功させる方法」は、Atiq Raja(パキスタン)による講演であり、2022年10月22日土曜日の13.00〜14.00GMTにKipchumbaVocational Training Institute(KVTI)によってオンラインで開催されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。